選挙に行ってきた

はじめに

選挙権を得た頃は行かないこともあったが、最近は選挙があると必ず行っている。今回は引っ越してから3ヶ月以内のため、以前に住んでいた場所で選挙となった。というわけで、期日前投票を利用してみた。

期日前投票制度を利用してみて

特に煩わしい手続きはなかった。事前に郵送された選挙受付用紙の裏面に、理由(該当理由に丸をつける)と氏名を書くくらいが違うくらい。待ち時間もなく、すんなりと終わった。選挙前に行くのも手かもしれない。

そもそも選挙に行く理由

選挙に行く理由は、なんだろうか? 国民の声が政治に反映されるから? 

私の場合、立派な理由はない。自分の一票で政治が変わるとも思えない。それほど政治に興味があるわけでもない。では、何故行くのか? それは、税金を納めているからである。義務を果たして、権利をもらったのなら使わないわけにはいかない! それだけである。

終わりに

選挙当日は、「私は選挙行ったぜ、フフン」と池上彰の選挙番組を見るつもりだ。今回から選挙権の年齢が引き下げられた。その結果がどのように出るか楽しみだ。

 

 

反社会学講座 (ちくま文庫)

反社会学講座 (ちくま文庫)

 

政治のことを考えるとこの人の本が読みたくなる。